SONY
ソニーについて
Home2009年お知らせ一覧 > 「君の心臓の鼓動が聞こえる場所」ワールドプレミアレポート

News

2009.07.19
「君の心臓の鼓動が聞こえる場所」ワールドプレミアレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
佐藤克則監督、大森美紀子さん、成井豊さん

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009にてワールドプレミア先行上映が行われました!
19日、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009の招待作品として、Livespire『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』が上映されました。上映終了時には観客の皆さんから拍手が沸き起こるなど、大好評のワールドプレミア上映となりました。
また、上映に先立って行われた舞台挨拶には、脚本・演出の成井豊、女優の大森美紀子、映像監督の佐藤克則の3名が登壇。まさに“舞台と映画のいいとこどり”ともいえるこの作品に対する熱い思いを語ってくれました。

成井豊コメント
完成した映像を観たとき、感動してポロポロ泣いてしまいました。監督の手腕ですね。自分の芝居というよりは佐藤監督の作品として、本当におもしろかったです。まったく文句のつけようがない出来ばえ。

大森美紀子コメント
舞台は“生もの”なので、映像で観るのは生で観られない場合に限った最終手段だと思っていました。でもこのLivespireは、同じ素材を使っていながら調理法が違う“別物”としてすごく面白かった。生だけではない楽しみ方ができるものを作ってくれたことに感謝しています。

佐藤克則コメント
僕はLivespireの監督の仕事を“翻訳”だと思っています。作品の中身は一緒だけど、文体が違うものを作る。舞台の文体とはまた違った、映像ならではの表現を楽しんでもらえればと思います。また、この物語は親子のドラマです。親の視点から、あるいは子の視点から、どっぷり浸かって泣いてください。

一覧へ戻る