SONY
ソニーについて
Home2009年お知らせ一覧 > 「ハーフタイムシアター」初日舞台挨拶レポート

News

2009.07.18
「ハーフタイムシアター」初日舞台挨拶レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登壇者

丸の内TOEI2にて、初日舞台挨拶が行われました!
本日(7/18)、銀座・丸の内TOEI2での公開初日を記念して、出演者らによる舞台挨拶が行われました。
司会の呼びかけに応えて、温井摩耶さん、多田直人さん(『すべての風景の中にあなたがいます』出演)、坂口理恵さん、鍛治本大樹さん(『光の帝国』出演)の4人のゲストが、なんと客席後方から登場!!実は、観客の皆さんに混じって、映画を鑑賞していたのでした。
舞台挨拶では、映画版の感想や公演中のハプニングのほか、原作者の先生が舞台をご覧になった際には出演者たちがカチコチに緊張していたお話しなど、普段聞くことの出来ない舞台裏を語っていただきました。また、サイン入りポスターが当たる抽選会では、当選者に「どこに貼ります?」と逆質問。「トイレに貼る」との回答に一同ずっこける場面などもあり、アットホームな雰囲気のなか、大いに盛り上がりました。

温井摩耶さん
こうやって改めて観ると“変な顔だー”とか“化粧濃いな”とか(笑)、とても恥ずかしかったです。『嵐になるまで待って』でもそうでしたが、客席からは聞こえないよう音、たとえばコーヒーを淹れる音などもしっかり聞こえているのがとても面白かったです。

多田直人さん
映画館のこの大きなスクリーンで!! と思ったら、本編上映前に前説が流れるというシュールさ(笑) それに度肝を抜かれました!

坂口理恵さん
映像になってはじめて正面から観られたのですが、ほんとうに舞台がそのまま映し出されていて、しかもアップで観たいシーンはしっかりアップになっていて驚きです。“摩耶はこの時こんな表情をしていたんだ”と気づいて感動したり、今日は“お客さん”として純粋に楽しんでしまいました。

鍛治本大樹さん
実は、僕は原作者の恩田先生の大ファンで、ずっと読んでいました。いつか『光の帝国』をキャラメルボックスでやらないかな、と思っていたので、入団後にそれが舞台になり、しかも自分が出演できて、さらにそれがスクリーンに映されて、本当にうれしいです。

一覧へ戻る