SONY
ソニーについて
Home上映イベント > 3Dドキュメンタリー 『大津波 3.11未来への記憶』

Facebook公式ページ

Screening Event

3Dドキュメンタリー

3Dドキュメンタリー 『大津波 3.11未来への記憶』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大津波 3.11未来への記憶 (3Dドキュメンタリー)

震災直後から津波被災地を3Dで記録

東日本大震災の発生直後から3年あまりにわたって、東北沿岸の変わりゆく被災地と、そこに暮らす人々を3Dカメラで記録したドキュメンタリー映画。

次の世代に語り継ぐ「未来へのメッセージ」

みぢかな人を亡くしながらも、数秒、数センチという偶然で奇跡のように“生き残された”と感じている人々が、3年たった今、ようやくカメラの前で語り始めた「津波と人の物語」

陸前高田(米沢さんの物語)
3月11日朝、米沢さんの両親は両手にはじめて初孫を抱いた。家族全員が集まってのお宮参りだ。赤ちゃんを真ん中に写真を撮った。その3時間後、両親は指定避難場所で犠牲に。米沢さんは三階建てのビル屋上で津波にのまれたが数センチの差で生き残った。米沢さんはビルの保存を決意。

気仙沼(菅原さんの物語)
港に近いかもめ通りで酒屋を経営。握りあった手を放した瞬間に、夫は津波にさらわれた。満天の星のもと物干し台で夜を過ごした。火災が発生し漁船が次々に流されてきた。津波の象徴ともなった第十八共徳丸が漂流したかもめ通りは消えたが、生き残った二人の息子と仮店舗を再開した。

宮古市田老(松本さんの物語)
住民の四割が流された昭和大津波の直前に生まれ、万里の長城にも例えられた大防潮堤の建設と共に育ったミヤさんは、二重の防潮提を故郷の誇りと感じてきた。しかしその“安心”は再び砕けた。ミヤさんはいま「津波と闘ってはいけない、ただ逃げるんだ、逃げるしかない」と訴える。

南三陸町(佐藤さんの物語)
南三陸町防災対策庁舎。屋上に避難した多くの職員が予想を超える大津波で流された。町で写真館を営む佐藤さんは、自問自答しながらその瞬間をカメラに収めた。記録することが自分に課せられた義務と考えた。佐藤さんはその後の町の希望を求めて新しい歩みを始めた。

釜石(巡視船きたかみの物語)
工業都市釜石は、ギネスブックに載る湾口防波堤で守られていた。地震直後に緊急出港した巡視船きたかみは、すさまじい津波のエネルギーに翻弄された。目の前で防波堤は崩壊。海上で津波来襲を体験した航海士や船長の証言が、知られざる津波の真実を伝える。

大津波3.11未来への記憶|米沢さん屋上へ(陸前高田)

大津波3.11未来への記憶|第18共徳丸(気仙沼)

大津波3.11未来への記憶|たろう観光ホテル

大津波3.11未来への記憶|防災対策庁舎(南三陸町)

大津波3.11未来への記憶|海図 巡視船きたかみ

作品データ
本編約80分
キャスト・スタッフ
監督・脚本:河邑厚徳
語り:役所広司
朗読:山根基世
監修:今村文彦
総合プロデューサー・撮影監督:智片通博
リンク