SONY
ソニーについて
Home上映イベント > 絆 再びの空へ Blue Impulse

Facebook公式ページ

Screening Event

ドキュメンタリー

絆 再びの空へ Blue Impulse

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

絆 再びの空へ Blue Impulse

松島基地の航空機で唯一残ったブルーインパルス。それは、まさに奇跡だった。

ブルーインパルスは、1960年に創設されたアクロバット飛行チーム。航空自衛隊の「第4航空団第11飛行隊」として宮城県の松島基地に所属している。
松島基地は2011年3月11日の「東日本大震災」の津波に襲われ、壊滅的な被害を受けた。滑走路は使用できず、航空機の全てが流され使用不能となっていた。ブルーインパルスの機体も流失、機体を持たない部隊となって解散となる筈であった。
しかし、ブルーは生き残った。遠く九州・福岡の芦屋基地に、翌日のイベントの為に、機体、人員共に移動していたのである。松島基地の航空機で唯一残ったのはブルーインパルスのT‐4だけだったのだ。それは、まさに奇跡だった。

「本当に自分たちは飛んでいいのか?」「飛ぶことが復興につながるのか?」

修羅場に変わった松島基地へ身一つで戻った隊員たちは、自身も家族も被災者でありながら職務を果たすため、基地周辺被災地の復旧活動と民生支援に没頭した。
震災から3ヵ月後、北九州の航空自衛隊芦屋基地で、技量回復のために移動訓練が行われた。災害派遣は引き続き行われ、被災地はまだまだ厳しい状況の中、チーム復活への取り組みが始まる。
「本当に自分たちは飛んでいいのか?」「飛ぶことが復興につながるのか?」さまざまな葛藤の中で、ブルーインパルスは多くの人たちに支えられ復活していく。隊員たちは訓練を重ねながら、マザーベース松島基地へ帰還する日を、心に強く思い描いていた。

震災発生から2年以上にわたってカメラが克明に記録したブルーインパルス。その取材映像が、迫真のドキュメンタリーとしてついに映画化!

「絆 再びの空へ Blue Impulse」 画像

「絆 再びの空へ Blue Impulse」 画像

「絆 再びの空へ Blue Impulse」 画像

「絆 再びの空へ Blue Impulse」 画像

作品データ
約100分
キャスト・スタッフ
監督 手塚昌明
撮影・編集 山崎隆一
録音 永田秀之
選曲 北村早織
語り 玉川砂記子
協力 防衛省 航空幕僚監部広報室
 航空自衛隊第4航空団第11飛行隊
制作 Banaple,inc 1991,inc
© 2014 Banaple,inc/1991,inc