SONY
ソニーについて
Home上映イベント > モトリー・クルー 『THE END』 プレミア上映会

Facebook公式ページ

Screening Event

特別上映会

モトリー・クルー 『THE END』 プレミア上映会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モトリー・クルー 『THE END』

LAでの最終公演ライヴを収めたドキュメタリー映画

1980年代、LAメタル・ブームの中心バンドとして世界制覇を成し遂げたモトリー・クルー。

全世界で1億枚を超えるセールスを記録、「ルックス・ザット・キル」「ホーム・スウィート・ホーム」「ガールズ、ガールズ、ガールズ」「ドクター・フィールグッド」などのメタル・クラシックスは時代を超えて聴き継がれてきた。その過激でグラマラスなヴィジュアル性、退廃的なライフスタイルを含めて一時代のアイコンとなった彼らだが、いよいよその栄光の歴史に終止符を打つ時が来たのだ。

2014-15年にかけてTHE ENDと題したワールド・ツアーを行い、2月には日本公演も行われたが、12月28・30・31日、バンドの本拠地ロサンゼルスのステープルズ・センターでの3回のショーが真のグランド・フィナーレとなった。その最終公演を完全ドキュメント収録した映像作品が、この『THE END』だ。

1曲目「ガールズ、ガールズ、ガールズ」からラスト・ライヴに相応しいハイテンションのステージが繰り広げられる。「ワイルド・サイド」「スモーキン・イン・ザ・ボーイズ・ルーム」「シャウト・アット・ザ・デヴィル」などの名曲の数々から最後のスタジオ・アルバムからのタイトル曲「セインツ・オブ・ロサンゼルス」まで、35年におよぶ足跡を踏みしめるセットリストは、我々ファンにとっても自分の青春を振り返らせる。

バンドの演奏も気迫に満ちたもので、ニッキー・シックスのタイト&ルーズなロックンロール・ベース、ミック・マーズのブルージーなギターも健在。ヴィンス・ニールのヴォーカルも絶好調だ。トミー・リーはドラム・キットごとローラーコースターで動き回る、ロック史上最大のド派手なソロを披露する。

ステージ・セットもそのサウンドと同じくビッグだ。次々と花火と火炎噴射が飛び出すパイロテクニクスは日本公演をはるかに凌ぎ、最大の火柱はなんと90フィート(27メートル)に及ぶ。

本編ラストの「キックスタート・マイ・ハート」を経て、アンコール「ホーム・スウィート・ホーム」では、会場が一体となって涙にむせぶ。本作はロック史上における最もエモーショナルな瞬間のひとつを再体験できる、貴重なドキュメントだ。

本作には4人のメンバーへのインタビューも収録され、バンドとしての活動を止める決断にいたった経緯、ラスト・ライヴを迎えた心境などが語られている。クルーやファンの声も収められた本作は、この世にハード・ロック/ヘヴィ・メタルがある限り、見続けられる古典となるだろう。

モトリー・クルー『THE END』 photo by Dustin Jack

モトリー・クルー『THE END』 photo by Dustin Jack

モトリー・クルー『THE END』 photo by Dustin Jack

モトリー・クルー『THE END』 photo by Dustin Jack

モトリー・クルー『THE END』 photo by Dustin Jack